新幹線の安全を守るドクターイエローの秘密!


歴史について

新幹線の安全な走行を守り続けているドクターイエローですが、その歴史は古く、新幹線の開業と同じく1964年からスタートしています。そもそも、電気設備の確認を行なっていた架線試験車というものが存在しており、これの進化系がドクターイエローと言えるようです。架線試験車はディーゼル車が点検車を引っ張るような形で作業をしており、今の新幹線の形を比べると、大分違和感があるのではないでしょうか。

初代ドクターイエローはT1編成と呼ばれており、丸く尖った鼻が可愛らしい0系新幹線を改良して作られています。活躍していた時期は1964年から1974年です。2代目は山陽新幹線が博多まで開通したタイミングで登場しました。車両自体は変化はありませんが、線路と電気設備のチェックが同時に行うことができるようになったため、線路の測定点検も日中に行うことが出来ます。2001年まで活躍をしていました。

2001年からは700系をベースとした3代目が運行しています。こちらはフロント部に監視カメラが設置してあるため、目視での確認をすることが出来ます。こちらはJR東海が所有しているT4編成とJR西日本が所有しているT5編成があるということも細かなポイントです。