新幹線の安全を守るドクターイエローの秘密!


区間について

新幹線が走る路線を運行しているドクターイエローですが、具体的にはどのような区間を運行しているのでしょうか。ドクターイエローは東京から博多の区間を運行しています。つまり、東海道新幹線と山陽新幹線の区間を走っているのです。この路線は乗客も多いため、非常に重要な路線となっています。

ドクターイエローの運行ペースはおよそ10日に1回のペースです。ダイヤには2つのパターンがあります。一つは「のぞみダイヤ」と言って、駅を途中でいくつも飛ばして東京駅から博多駅の間を往復します。もう一つは「こだまダイヤ」と言って、各駅全てを停車して東京から博多までの区間を往復するものです。「のぞみダイヤ」は1ヶ月に3回ほど運転をして、「こだまダイヤ」は2ヶ月に1回程度運転をしています。

そもそも、ドクターイエローはJR東海が所有しているものと、JR西日本が所有しているものがあります。JR東海の基地は東京駅の車両所にあり、東京を出発してからの1日目はJR東海の担当者が乗車します。東京から新大阪までの線路を検査して、大阪の鳥海車両基地でJR西日本の担当者と交代します。そこから博多の総合車両所まで検査を行うのです。復路はその逆を運行します。