新幹線の安全を守るドクターイエローの秘密!


黄色の秘密

新幹線は「幸せの黄色い新幹線」と呼ばれるほどに特徴的な車体の色をしており、見ると幸運になると噂されています。運行自体も珍しいため、ホームにドクターイエローが止まっていると人だかりになることも少なくありません。しかし、ドクターイエローの特徴的な色には、理由が存在します。それは一体どのような理由なのでしょうか。

ドクターイエローは線路の点検を行なっている車両です。元々、工事や点検を行う車両というのは新幹線登場以前から黄色い車体というのが伝統的でした。その理由とは、夜間工事をしているときにでも、その存在が目立ちやすいからというものがあります。ドクターイエローは日本の安全な鉄道運行の血統をそのまま引き継いでいる車両であるため、車体が黄色いのです。また、ドクターイエローがホームに止まったときに、勘違いをした乗客が間違えて乗ってしまうのを防ぐという狙いもあります。

黄色い車体のドクターイエロー。その色の秘密は皆の安全な運行を守るため。それから乗り間違いを防ぐためという2つの理由を持っているのです。新幹線は日本の鉄道技術の結晶だと言われています。安全な運行と乗客へのホスピタリティ。これが黄色い車体の秘密なのです。